変な隣人の話

アパートの住人で変わった人がいました。

出張が多い職業なのか、そこの家族のダンナさんの姿はほとんど見ず、お子さんは6歳ぐらいと2歳ぐらいの女の子が二人、この家族が引っ越してきてから、今まで静かだったアパートが一気に様変わりしてしまいました。

我が家の真上に引っ越してきた家族ですが、朝からお母さんの『おい!!!』と子供に怒鳴りつける声で目が覚めます。
かなりドスの効いた声で、こちらまでビクッとしてしまいます。
窓が開いている生で夏場は同じ部屋で叫んでいるかのごとくうるさかったです。

それからはその子供達のドタドタという足音やおもちゃか何かを床に落とす音、椅子かなにかを引きずる音と、家に一日中いる事をストレスに感じるほどいろいろな音が聞こえてくるようになりました。

その家族のダンナさんが久しぶりにアパートに帰ってきた時、夫婦喧嘩が始まり、なぜか二人は部屋の外に出て、アパート前の駐車場で騒ぎはじめ、警察沙汰になりました。
ある時はダンナさんの衣類が駐車場中にばらまいてあったり、子供の使用済みオムツがアパートの通路に散乱していたり。
住みにくくなったので、引っ越しを決意しました。

引っ越す前日、その家族の部屋に警察のガサ入れが来ていました。

引っ越しを決めて本当によかったと安心しました。

私とデートした女性から得たもの一部公開

私と一緒に時間を作ってくれた津山の25歳の方、ありがとうございます。

君とは、NARUTOアートの田園、大きなイチョウの木とかログハウスカフェに行けました。

君はモデルさんだったし、抜群のルックスだった。
だからすごくドキドキしていました。

出雲の当時19歳さん遠距離かつ一度だけのデートでしたがすごく楽しかったありがとうございます。

君とは、石見銀山とかその周辺のカフェなどたくさん一日で回れました。
一人で観光するより君とだからこそ何倍も楽しかったです。

当時25歳のカフェ店員さんありがとうございます。
特に鳥取花回廊には大満足でした。

遠出だけど、季節の花々にすごく癒されました。
君と行った新見のあるれとか、ラーメンのお店も良かったです。

当時女子高生だった君ありがとうございます。
年齢差があるのに不思議なデートに感謝してます。

大阪USJに一緒に行ってくれた淡路島の20代後半だったあなたありがとうございます。

まさかmixiからの出会いでUSJに一緒に行くことができるなんて夢のようでした。

こういう遊園地デートが楽しくでき終電ギリギリまでロマンチックなひと時ありがとうございます。

クリスマスイルミネーション

クリスマスが近づいてきて、街は、クリスマスイルミネーションに彩られてきましたね。
会社帰りにイルミネーションに見とれながら、ふと考えました。
「クリスマスまでまだ一ヶ月にもなっていないのに、これからずっとクリスマスが終わるまで、夜になるとイルミネーションが付いていて、まあ、朝までは点いていないでしょうけど、これってけっこう電気使っているんじゃない?」などと余計な心配をしてしまいました。

クリスマスイルミネーションにニーズがあって、それで人が集まって利益につながれば、プラスになるんでしょうか。
そもそも、損失が大きければ、どこもクリスマスイルミネーションなんてやらないだろうし、クリスマスイルミネーションによる大損失なんて、今までに聞いたことがないから、イルミネーションを見せてくれる側にとっても、見る側にとっても、クリスマスには必要なものなのかな?と思いました。

オイルショックの時なんて、深夜と早朝にテレビをやってなかったと聞いたことがあるので、こうしてクリスマスイルミネーションを見ることができるだけでも、ありがたいなと思います。

時々家出帰れなくなるニコたん

うちの猫名前はニコ、家から出たら帰って来れない臆病なニコたん。
今年の春何時の間にか台所の網戸を開けて出ていたのです。

気がついてびっくりして家族みんなで探したのですが見つからなくあちこちに電話して迷い猫の登録をして2ケ月が過ぎようとして諦めていたら届けてくれた人のおかげで帰ってきました。

それから半年がすぎた今日ベランダで布団を干しているすきに出たようです。
あれっ猫の鳴き声が、外にニコが、戸を開けたらすっつと入ってきた。
「どこから出たんや」『ほんまに危なかった、良かった』少ししたらまたニコの気配がない「ニコはいるんか」『ニコたん、ニコたん』呼んでも返事がない。

一階にはいないので二階に上がったらベランダのドアが全開『だれ、ドアが開けっ放しよ』まだ出かける前だったので家族中で大騒ぎ、ニコたんはガレージの車の下で私たちの様子をじーっと見ていました。

ニコッ呼んでも来ようとしません。
餌で釣ってやっと捕まえて家の中へ、それぞれにお出かけニコは座布団の上で丸くなって寝ています。
「貴女、家出したらダメでしょう家出したらフカフカの座布団で丸くなれないでしょう」返事はありません。

仕事の悩み

今の仕事を始めてまるまる2年経ちました。

はじめは、毎日が楽しくて、連休が続くと早く仕事に行きたいーっと思っていたほどです。

でも、3年目に突入した今。

やる気が急降下…。

やる気スイッチってどうしたら入るのでしょうか。

でも、私なりに考えた結果、それってやっぱり初心を忘れて、なぁなぁになってきてる証拠だなと思いました。

周りへの感謝の気持ちも、きっと薄れているのかな。

でも、きっと無理にそんな状況がいけないと、変えようとしたりしても良くない気がしました。

今まで生きてきて、やっぱりいい時と悪い時ってあるし、やる気がある時とない時と、あるし。

きっと、今の流れは「停滞」なんだ…っていうことをまずは受け入れて、身を任せてみようかな。

その中で、自分が幸せな気持ちになれることをして、心を満たしていって、感謝の気持ちは忘れないように!
そうすれば、またきっと新たな目標が出来たり、やる気スイッチも自然と入るよね。

良い加減で頑張ります。

外食について思った事

先日、久しぶりに家族揃って晩御飯を食べに行って来ました。

普段は旦那が外で食べない人なので、私と子ども達だけで晩御飯を食べに行ってくることが多いのですが、その日は私が仕事で家にいなくて、旦那と子ども達だけで、家の中を綺麗に片付けてくれて、お昼ごはんが遅くなってしまい、おにぎりくらいしか食べていなくて、私も仕事が忙しくて疲れて帰ってきたので、晩御飯を作る気力もなかったため、外食することにしました。

いつもなら、安い場所で済ませますが、お刺身の盛り合わせとか食べたかったので、少し値段の高い場所へお片付けの感謝も込めて連れていきました。

旦那はビールを飲むので、私が運転手です。

お刺身の盛り合わせ、焼き鳥、いくら丼2つ他、色々と注文して最後にデザートを食べて帰りました。

家に帰ってきたらお腹いっぱいでみんな動けず、早めに布団に入りました。

金額的には1万円くらいと、かなり痛手でしたが、家族揃っての外食だったので、子ども達が喜んでくれたので良かったです。

また、機会があったら家族全員で外食に出かけようと思います。

ニセコでBBQ

夏もラストになってきました。

ラストBBQです!
と言うことで、ニセコに行って来ました!
冬のニセコは海外の方がたくさんで、外国みたいになってますが、夏はアクティビティが目的の旅行者で、賑わっています。

夕方近くになって到着。

火おこしの準備をして、スタートです。

今回はお料理上手のお友達がいるので安心です。

私はかっらきし駄目なので、火おこし班です。
笑。

1品目は牛タン。

これはネギとごま油とレモンのタレで、美味しくいただきました。

豚トロ、カルビと続きなんとホイル焼きになったイカのゴロ焼き!本当に最高でした。

そしてアヒージョ!!BBQでアヒージョって素敵女子すぎます。
これもバッケトを少し焼いてつけると感動的な美味しさ!
本当に感謝感謝です。

最後にしっかり下味がついたスペアリブをいただいてシメ。

お陰様でみんな大満足です。

今年のラストBBQもとっても素敵なBBQになりました。

日々のごはんの献立

これは主婦の方々みなさん悩みの種だと思うんですが、
毎日食事を作っていると、なんとなくマンネリ感がでてきちゃいますよね。

一応気を使って昨日はお肉メインだったから今日は魚にしよう、とか
中華風の味付けだったから今日は醤油とみりんでご飯のすすむ味付けにしよう、とか
いろいろ考えているはずなんですが、
ふと気が付くと自分基準で調理しやすい料理、時間のかからない料理や
自分の好きな料理に偏り始めてたり・・・たまにありますよね?
お金をたくさんかければいろいろな食材を使えますが少し節約しようと
あまり高価な食材を買わないと余計にマンネリ感が増していく気がします。

私なりにその日はどういったテーマの料理にするか、
というテーマを決めて作るようにすると食卓に統一感が出るし、
その次の献立を考えるときも遠いテーマを考えてからそのテーマに合った料理を考えると
割と考えやすい、ということに気付き始めました。

あと、
食卓を見たときに似た味付けのものにならないように、
というのは常に気を付けています。

味噌炒めがある時は味噌汁ではなくお吸い物にしたり、
醤油ベースのおかずがあれば味噌汁にしたりという感じです。

主婦の仕事って評価されづらいからモチベーションたもつのがつらいときもありますよね。

でも、食事の時間が楽しいことってとっても大切なこと。

家族の健康を支えてる1つの要素を作っているんだ、と時々気を引き締めています。

夏は文化部の季節

夏になると高校野球や高等学校総合体育大会など学生がスポーツをしている姿をテレビなどで見る機会が増えますね。
メディアでは学生がスポーツをしているときの放送は多いですが、文化部はあまり特集、または放送されることはありません。
そのせいか、私は文化部の大会についての認知度が低いなと感じることが多くあります。
文化部にもたくさん大会があり、そのなかで最も盛大に行われるものといえば高等学校総合文化祭です。
競うことが少ないように思われがちな文化部の部活動ですが、この大会では様々な部門で競い合い、そしてほかの学校の姿を見て学びあっています。
総合文化祭には吹奏楽、弁論、ボランティアなどたくさんの部門があります。
私も実際にこの大会に参加したことがありますが、この大会は運動部に負けない感動をもたらしてくれます。
この大会だけでなく様々なところで文化部は活動しているので、機会があるときに活動を見てもらい、そして文化部について知ってもらえると嬉しいです。

涼を求めて

にゃんこの話。

どこの子もきっとこの時期涼しいところを家の中求めてさまよっているのではないでしょうか。

クーラーガッツリ効いているおうちは別として。

我が家は夏を前に念願の一戸建て(借家)に引っ越しました。

今までマンションでは最低でも一基はクーラーがあったのでそんな感覚でおりましたら甘かった。

古いおうちなので風通しはよいので冷風扇で越せてしまえそうな勢いですが
人間はいいとして猫たち。

さすが猫と言わざるを得ないですけどね。

風の通り道には猫が転がっています。
それも長~くなってw
それに混ざってたまに旦那も転がってますが・・・
もともと我が家のにゃんこたちはクーラーの風が嫌いだったのでこれはこれでいいのかな?と思いますが
掃除のとき、食事の用意の時洗濯物を持って移動するとき・・・踏みそうです。

まだまだ暑い日は続きそうなので猫で転ばないようにしないといけないなと思う毎日です。